ご利用方法



FK-Mardsのご利用方法

ID・パスワードの種類

IDの種類
FK-Mardsのご利用方法 > ID・パスワードの種類

Mards-ID 弊社発行のユーザーIDで、データの利用から各種管理まで行えるIDです。ご入会した全ての方に発行します。
ローカルID
(基本契約では有料)
お客様が任意で設定できるIDで、データの利用のみ行えるIDです。人や部門別の利用状況を管理したり、プロジェクトベースでIDを改廃することも可能です。ローカルIDを管理できるのは、 Mards-IDを所有する管理者だけとなります。
← ご利用案内へ戻る

Mards-IDのパスワードの種類
FK-Mardsのご利用方法 > ID・パスワードの種類

アクセス用
パスワード
データを利用するためのパスワードです。
管理用
パスワード
各種管理に必要なパスワードとなります。主に[ユーザー管理ツール]にて利用します。
1.お客様登録内容の変更   4.利用状況(ログ)の確認
2.契約内容の変更             5.IP認証の設定   
3.アクセス用パスワードの変更      6.ローカルIDの設定(別途有料)

← ご利用案内へ戻る

ご提供のファイルタイプ

ファイルタイプの種類
FK-Mardsのご利用方法 > ご提供のファイルタイプ

ご提供するファイルは用途別に6種類をご用意しております。

サンプル(無料) 無料のサンプルファイル。有料のPDF/HTMLの文字が虫食いになっているため、ご購入の際の判断材料にお使いください。 資料によっては、ない場合もあります。
HTML 閲覧するためのファイルです。現在の新規登録資料ではご提供しておりません。
PDF 閲覧・印刷用のファイルです。
SYLK データの数表があらかじめ入力された表計算ソフト対応ファイルです。Excelやロータス1-2-3等でご利用できます。
ZIP PDF、SYLKファイルなどの同じデータの全てのファイルタイプをZIP形式で圧縮した一括ダウンロードファイルです。XP以上のWindowsであれば、展開(解凍)が特別なソフトを必要とせずに利用できます。FK-MardsでもZIPのご利用を推奨いたします。
EXE PDF、SYLKファイルなどの同じデータの全てのファイルタイプを自己解凍形式で圧縮したファイルです。ダブルクリックで簡単に展開(解凍)できます。セキュリティ環境によっては利用できない場合もありますので、ZIPのご利用をお願いいたします。
※LHAのご提供は終了いたしました。一括ダウンロードには、ZIP、EXEをご利用ください。

1. ZIP、EXEは圧縮ファイルです。2タイプとも同じデータの全てのファイルタイプ(PDF・SYLK等)が圧縮されています。
2. 圧縮ファイルの利用方法に関しては、 [ ダウンロード方法 ] をご覧下さい。

データの選択画面
  データの選択画面
1. 品目名をクリックしても利用可能です。PDF(またはHTML)データが開きます。(A)
2. [サンプル]は、無料でデータの内容が確認できます。(B)
3. ご希望のファイルタイプを選び、お使いください。(C)

利用別ファイルタイプ
<無料:ID必要なし>
無料で確認したい サンプル    
<有料:ID必要あり>
閲覧したい PDF/HTML 数表を加工したい SYLK
印刷したい PDF 一括保存したい ZIP、EXE

1. 同じデータ(品目)に対して、複数のファイルタイプをご利用になられても、当初利用から24時間以内であれば重複課金はいたしません。24時間以内であれば、1回の課金で全てのファイルタイプのご利用が可能です。
2. 最初のご利用から24時間以上経ってからのご利用は、重複課金の対象となりますので、ご注意ください。
3. 資料によっては、ご提供していないファイルタイプもございます。

← ご利用案内へ戻る

各ファイルのデータサンプル
FK-Mardsのご利用方法 > ご提供のファイルタイプ

ご提供するファイルタイプのデータサンプルです。各ファイルのボタンを押していただくとデータサンプルがダウンロードできます。

1. PDF(旧登録資料の場合はHTML)は、閲覧・印刷用として調査レポート(書籍)と同じ内容・体裁でご提供しております。
2. SYLKは、データ内の市場規模やシェア等の数表のみを抽出し、表計算ソフト用に打ち直したもので、通常はエクセルやロータス1-2-3などが起動します。数値を利用する際にお使いください。

 <春巻>  2000年 食品マーケティング便覧 品目編 No.1
PDF   /   HTML SYLK
 <総合胃腸薬>  一般用医薬品データブック 2000 <上巻>
PDF   /   HTML SYLK
 <FA用バーコードリーダ>  2000年 注目メカトロニクスパーツ市場実態総調査
PDF   /   HTML SYLK
 <無線LANシステム>  2000 通信放送系マルチメディアマーケティング調査総覧
PDF   /   HTML SYLK

2004年以降の資料ではPDFのみのご提供となり、HTMLでのご提供は行っておりません。PDFとHTMLは一部を除き、基本的にはいずれか一方のご提供となります。
同品目の重複利用、複数利用(ex.PDFとSYLKを利用、PDFを2回利用等)は、「24時間以内」を条件に1度の課金のみで利用できます。 ⇒詳しく
通常のご提供方法の場合、PDF/HTML/SYLKを一括圧縮した「ZIP」「EXE」ファイルでのご提供も行っております。 ⇒詳しく

← ご利用案内へ戻る

調査資料の検索方法

[調査資料一覧]ページからの資料名検索
FK-Mardsのご利用方法 > 調査資料の検索方法

1. [調査資料一覧]では、発刊されている資料名のリストが表示されます。分野や発刊年度から資料を選べます。(A)
   
分野別一覧の検索方法
1. 下記画面で、[対象とする発刊年][並べ替え条件][発刊年毎に区切る]の選択が可能です。
2. 並べ替え条件では、発刊日(降順)、資料名(昇順)が選択できます。
  調査資料一覧:分野別一覧の画面
   
年度別一覧の検索方法
1. 下記画面で、[並べ替え条件][分野毎に区切る]の選択が可能です。
2. 並べ替え条件では、発刊日(降順)、資料名(昇順)が選択できます。
  調査資料一覧:年度別一覧の画面
3. 1.または2.で選択した結果の画面が下記です。[データ一覧]のボタンか、資料名をクリックすると調査資料の品目一覧ページを表示します(画面は分野別一覧で検索した例です)。
4. [概要]のボタンをクリックすると、資料の概要ページを表示します。概要ページの表示は【無料】です(画面は分野別一覧で検索した例です)。
  調査資料一覧:分野別画面の一例
上記画面は【分野別一覧】より、「フード・フードサービス」を選択し[対象とする発刊年]を「すべて」、[並べ替え条件]を「発刊日」、[発刊年毎に区切る]に「チェック」した結果画面です。
   
5. [データ一覧]のボタンか、資料名をクリックすると下記のような調査資料の品目一覧ページが表示されます。
(A)でも調査資料レポートの概要が閲覧できます。
データの種類についてはファイルタイプの種類でご確認ください。
  品目一覧ページ画面

← ご利用案内へ戻る

[レポート検索]からの品目検索
FK-Mardsのご利用方法 > 調査資料の検索方法


  レポート検索画面
上記画面は、「簡易表示:オン」「総括・集計含めない:オン」「品目名で検索:オフ」の例です。
   
1. 検索窓に検索したい文字を入力してください。(A)
また、検索では「and」「or」「not」検索などが可能です。入力方法は下記[検索語の使い方]をご参照ください。
2. 【オプション】では、検索結果の簡易表示や検索対象などを絞り込めます。チェックを入れると該当する項目が機能し、オプション横の文字ボタンがオレンジ色に変わります。(B)
3. 横の検索ボタンを押してください。(C)

オプション機能
オプション名
説明
簡易表示 検索結果をシンプルな行表示に変更します。簡易表示では、レポート内容の見出しが確認できる「調査項目」は表示されません。
総括・集計を含めない 調査資料の「総括編」「集計編」に該当するデータを検索対象から外し、個別市場、個別企業レポートのみの結果を表示します。
品目名で検索 検索対象を品目名および資料名のみとします。データ内の文章は対象外になり、関連品目については表示されにくくなります。

検索語の使い方
検索語
説明
検索例
and 複数のキーワードの全てを含む検索です。キーワード間に ” and ” を挟むか、空白で区切ることで検索できます。 「中国 携帯」
or 複数のキーワードのうち、1つでも含む検索です。キーワード間に ” or ” を挟むことで検索できます。 「情報機器 or 通信機器」
not 検索で指定のキーワードを除外する検索です。含みたくないキーワードの前に ” not ” を入れてください。 「飲料 not アルコール」
” ” ” ”を使ってキーワードを囲むことで、フレーズ検索が可能です。検索キーワードに空白が入っている場合等に使います。 「”Adobe Acrobat”」
( ) ( )を使い、上記の検索と組み合わせて、より高度な検索も可能です。 「(中国 or 台湾) and (携帯 or PDA)」

分野や検索対象を、上記以上に細かく設定した上で検索をしたい場合は、[詳細検索]をご利用ください。

← ご利用案内へ戻る

[詳細検索]からの品目検索
FK-Mardsのご利用方法 > 調査資料の検索方法


1. [詳細検索]を押して検索画面を表示させてください。(A)
  詳細検索ボタン
2. 希望の検索条件を選択してください。[簡易表示][総括・集計を含めない][対象とする発刊年][並べ替え条件]が選択できます。(B)
 
簡易表示 検索結果をシンプルな行表示に変更します。簡易表示では、レポート内容の見出しが確認できる「調査項目」は表示されません。
総括・集計を含めない 調査資料の「総括編」「集計編」に該当するデータを検索対象から外し、個別市場、個別企業レポートのみの結果を表示します。
対象とする発刊年 発刊年による絞込みが可能です。「~年以降に発刊された資料」として絞り込みできます。
並べ替え条件 選択結果において、発刊日(降順)・資料名(昇順)・品目名(昇順)の並べ替えが選択できます。
  検索条件の選択・指定画面
3. さらに条件を指定するでは、[検索対象]を選択できます。なお、検索対象には下記の通りの違いがあります。(C)
 
資料名 資料名のみが検索対象となります。ヒット数が最も小さくなりますが、ヒットしないケースも多く発生します。この項目では「and」検索のみ可能です。「or」「not」などは機能しません。
品目名 検索対象を品目名および資料名のみとします。データ内の文章は検索対象外となります。関連品目については表示されにくくなるため、ヒット数は少なめとなります。
品目名+
市場規模・シェア
上記に加えて、データ内の「市場規模・シェア・企業動向などに含まれるメーカー名やブランド名、サンプルで表示される定義などの文字」が検索対象となります。上記よりヒット数が増加します。
全文 いわゆる全文検索です。データ内の全文が検索対象となります。文章に含まれるすべての文言でヒットするため、最もヒット数が大きくなります。
  検索対象選択画面/分野選択画面
4. 検索結果を18分野でさらに絞り込むことも可能です。希望の[分野]を選択し、チェックしてください。なお、[分野]では複数選択が可能です。(D)
[詳細検索]でも、「and」「or」「not」検索などが可能です。入力方法は下記をご参照ください。

検索語の使い方
検索語
説明
検索例
and 複数のキーワードの全てを含む検索です。キーワード間に ” and ” を挟むか、空白で区切ることで検索できます。 「中国 携帯」
or 複数のキーワードのうち、1つでも含む検索です。キーワード間に ” or ” を挟むことで検索できます。 「情報機器 or 通信機器」
not 検索で指定のキーワードを除外する検索です。含みたくないキーワードの前に ” not ” を入れてください。 「飲料 not アルコール」
” ” ” ”を使ってキーワードを囲むことで、フレーズ検索が可能です。検索キーワードに空白が入っている場合等に使います。 「”Adobe Acrobat”」
( ) ( )を使い、上記の検索と組み合わせて、より高度な検索も可能です。 「(中国 or 台湾) and (携帯 or PDA)」

← ご利用案内へ戻る

データの判別方法/サンプルファイルの活用方法
FK-Mardsのご利用方法 > 調査資料の検索方法


データの内容を判別する方法は、以下の3つの方法があります。
 
【1.調査項目からの個々データ内容確認方法】
  [レポート検索](簡易表示はオフ)などの検索結果一覧や、[調査資料一覧]からの資料(書籍)ベースのデータ一覧には、[調査項目]としてデータ内に表示されるサブタイトルや見出しが確認出来ます。(A)
  [レポート/詳細検索での検索結果一覧画面]
レポート/詳細検索での検索結果一覧画面
 
  [調査資料一覧でのデータ一覧画面]
調査資料一覧でのデータ一覧画面
 
【2.無料サンプルからの個々データ内容確認方法】
  個々のデータでは、無料で内容が確認できる[サンプル]のご提供も行っております。(B)
[サンプル]では、文字や数値は空白にしていますが、個別市場の定義や、市場規模の年次、シェアの大枠などが把握できるようになっております。
  サンプルボタン
 
「2006年食品マーケティング便覧 No.1」の「チルドハンバーグ:サンプル] (PDF)

[サンプルで確認できる項目例]
個別市場の定義 個別市場の調査対象や定義については、文章や図表をそのままサンプルで公開してあります。
市場規模の年次 データに掲載されている市場規模の年次が確認できます。実績値、見込値、予測値などの年次も分かります。
シェアの大枠 マーケットシェアやブランドシェアなどの取り扱い、種類別・様式別に細分化されているか、目当ての企業はあるか、などまでが把握出来ます。
用途別等の有無 チャネル別市場規模があるか、アプリケーション別や用途別の数値はあるか、世界規模か国内市場か、などが分かります。
将来動向の有無 今後の展開、将来計画を掲載しているか、将来動向を掲載している場合は、年次数値表か否かを判別出来ます。
データ量 大まかな文章量は空白スペースから推測できます。また、数値表などは、枠組みとタイトルを見ることで掲載の有無が分かります。
 
【3.資料概要からの調査対象の定義・調査フレーム確認方法】
  [調査資料一覧]からの検索や、[レポート検索][詳細検索]での検索結果一覧から「資料名」の右横の文字を選択する(C) と、資料(書籍)ベースのデータ一覧表を表示します。
  資料(冊子体)ベースのデータ一覧へ
  データ一覧表のページ上部から、資料概要ページを表示させることが出来ます。その資料(書籍)における調査フレームや大枠の定義などを確認することが可能です。(D)
なお、概要に記載されている目次は、資料(書籍)の目次ですので、FK-Mardsでのデータ提供区分とは異なります。あらかじめご了承ください。
  資料概要ページ表示リンク
  「2006年食品マーケティング便覧 No.1」の「資料概要」

← ご利用案内へ戻る

他社データの利用方法

富士経済グループ資料データと他社データ
FK-Mardsのご利用方法 > 他社データの利用方法

富士経済グループ資料データとは
1. 富士経済グループ資料データとは、(株)富士経済、(株)富士キメラ総研、(株)富士経済ネットワークスの3社より調査・発刊している市場調査レポートのデータを指します。
総合マーケティング・フィールドリサーチ専門集団である、富士経済グループに所属している会社から発刊された資料データの総称です。
2. 富士経済グループ資料データの場合、「レポート検索(キーワード検索)」や「調査資料一覧検索(分野から辿る書籍タイトル選択)」が可能です。詳しくは、こちらをご覧ください。
   
他社データとは
1. 他社データとは、富士経済グループ以外の会社で、FK-Mardsでデータを提供・公開を許可していただいた協力会社の資料データ、POSデータの総称となります。「他社資料」とも記載します。
2. 他社データの場合、「レポート検索」等の機能には対応しておりません。ご利用の場合は、各社のデータ提供ページからご利用ください。各社ページへは、トップページからのリンクや、画面上部(緑の横バー)にある[他社資料]ボタンから利用会社を選択して、ご利用ください。
 
他社データ選択ページ
  ⇒ コンビニPOSデータ:サービス説明(高度情報サービス(株)/POSBANK提供)
  ⇒ ドラッグストアPOSデータ:サービス説明((株)True Data)

← ご利用案内へ戻る

他社データ提供ページへの入り方
FK-Mardsのご利用方法 > 他社データの利用方法


1. 他社データの場合、「レポート検索」等の機能には対応しておりません。ご利用の場合は、各社のデータ提供ページからご利用ください。
2. 他社データ利用時の各社ページへは、トップページからのリンク(A)、画面上部(緑の横バー)にある[他社資料]ボタン(B)、から利用会社を選択してご利用ください。
  「他社資料」ボタンなど
 
他社データ選択ページ
  ⇒ コンビニPOSデータ:サービス説明(高度情報サービス(株)/POSBANK提供)
  ⇒ ドラッグストアPOSデータ:サービス説明((株)True Data)

← ご利用案内へ戻る

他社データの利用方法
FK-Mardsのご利用方法 > 他社データの利用方法


1. 利用方法は、通常の調査レポート利用と変わりません。各社ページから、必要なデータを選択し、ご利用ください。
2. 他社データ利用時の各社ページへは、トップページからのリンク(A)、画面上部(緑の横バー)にある[他社資料]ボタン(B)、から利用会社を選択してご利用ください。
  「他社資料」ボタンなど
 
他社データ選択ページ
  ⇒ コンビニPOSデータ:サービス説明(高度情報サービス(株)/POSBANK提供)
  ⇒ ドラッグストアPOSデータ:サービス説明((株)True Data)


3. 他社データご利用時のログインでも、今までのご利用いただいているユーザーIDとアクセス用パスワードでご利用いただけます。
4. 他社データの場合、通常と違い、PDFのみの提供やSYLKのみの提供など、単一のファイルタイプでのご提供となります。また、無料サンプルの公開も、詳細目次のみや代表的なサンプルのみ提示するなどの違いがありますので、ご了承ください。
   
他社データに関するお問い合わせも、弊社にご連絡ください。

← ご利用案内へ戻る

他社データの課金方法
FK-Mardsのご利用方法 > 他社データの利用方法


1. 課金・請求方法は、通常の調査レポート利用時と変わりません。全てのデータ利用と合算し、○月分利用料金として清算いたします。

← ご利用案内へ戻る